泡タイプのセルフ白髪染め

口コミNo.1白髪染めトリートメント

泡タイプの白髪染めがセルフカラーに最適?

最近、定番になりつつある泡タイプの白髪染め。

 

お使いになったことがある人も多いと思いますが、とっても使いやすく便利ですよね?

 

 

カラーの種類もとても豊富で、まるで白髪染めではないかのようなバリエーションです。

 

白髪を染めながらおしゃれな色を楽しみたい人にとっても、この白髪染めはとてもいい商品で、ドラッグスストアだけではなくスパーにも並んでいます。

 

白髪染め 泡

 

今までの白髪染めと言えば、一剤とに二剤をトレーに入れて混ぜ合わせ、それを髪全体、または白髪が気になる部分に塗るのが一般的でした。

 

しかし、これを自分で塗るのはとても難しく、特に襟足や後頭部の内側は染め残しができてしまうのです。

 

誰かに染めてもらえればいいのですが、家族に頼めない人は自分でやるしかありません。

 

 

そんな自分で白髪を染める際の問題点を解決し、一人でも隅々まできれいに染めることができるように工夫されたのが、この泡タイプの白髪染めです。

 

専用ボトルに薬剤を入れて優しく混ぜ合わせ、それを押すだけでふわふわの泡が出てきます。

 

クリームなどのように細かくブロッキングしなくても、根元まで染まるので不器用な人でも安心ですね。

 

 

使い方と染まり具合

 

泡タイプの白髪染めは、コツもなく誰でもきれいに染めることができるのが、一番の魅力ですよね。

 

その染め上がりは、一般的な白髪染めに比べてどうなのでしょう?

 

 

説明書通りに染めた場合、染め上がりは泡タイプの方がムラなくきれいに感じるはずです。

 

しかし、やはり美容室で染めるのに比べてしまうと、やはりセルフ感はあるかもしれません・・

 

これは、泡タイプに限らずクリームでも液体でも同じですが、どうしてもサロン帰りの髪!といった艶はないのです。

 

 

最初はきれいに染まっていても色があせるのが早かったり、傷みが気になる人も多いようで、髪が細い人や切れ毛、枝毛などが激しい人は避けた方が良いかもしれません。

 

 

また、一番トラブルが起こりやすいのが頭皮です。

 

泡タイプの場合は、どうしても根元までしっかり泡が浸透してしまい、それによって頭皮にまで薬剤が浸透してしまうのです。

 

肌が弱い人やかゆみが気になる人は、その症状が悪化する可能性もあり、アレルギー体質の人は特にかぶれなどに気をつけなくてはなりません。

 

 

頭皮にトラブルが起こると、抜け毛の原因にもなり健康な髪が育たなくなってしまいます。

 

そのようなことになると、白髪染めが使えなくなるだけでなく、薄毛になる可能性があるので気をつけましょう。

 

 

注意点

 

 

泡タイプの白髪染めを使う際に注意しなくてはならない点がいくつかあります。

 

まずは、必ずパッチテストを行うことです!

 

今まで白髪染めでかぶれたことがないから大丈夫だと思っている人でも、泡タイプを初めて使う人は、必ず指示通りのパッチテストをしましょう。

 

頭皮に刺激を感じる人が多いので、トラブルを避けるためにも大切なことです。

 

 

白髪染めによっては、染める前に髪を洗って濡れた髪に使うものがありますが、泡の場合は髪が濡れていると液だれの原因になります。

 

また、泡がきれいにできずに染め上がりにも違いが出てしまうので、必ず乾いた髪に使いましょう。

 

 

放置時間も説明書を守ることが大切です。

 

より染まるように放置時間を延ばす人がいますが、逆に染まりにくくなったり、髪が傷む原因になってしまいます。

 

しっかり泡を作って髪全体を包み、優しく揉み込むことでムラのないきれいな髪に仕上げることができます。

 

 

伸びた部分の白髪が目立ってきた場合は、リタッチを行い、なるべく全体染めの回数を減らすようにすると髪の傷みを軽減することができおすすめです。

 

泡タイプの白髪染めはとても便利ですが、使い方を間違えると髪や頭皮に悪影響を与えるので、注意して使うようにしましょう!

 

おすすめはこちら=LPLP 白髪ケア・ヘアカラーフォーム

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!