しっかり染まる白髪染めの量

口コミNo.1白髪染めトリートメント

セルフで白髪染めは量の調整が難しい!

白髪

 

目立つ白髪が生えてきますと恥ずかしいですし、老けて見られてしまいますので、ほとんどの人は白髪染めしたくなるでしょう。

 

その白髪染めを美容院ですることもできますが、費用が高くなってしまいますのでセルフでするほうが安く済んで良いと思うでしょう。

 

しかし、セルフで白髪染めするのは量の調整が難しくなります。

 

通常の白髪染めが自分の髪の毛の量や長さに合っていれば良いのですが、短い人が通常の量の白髪染めを使用しても残ってしまい、余った分を捨てることになってしまいますので勿体無いです。

 

また、髪の毛が長い人は白髪染めが足りないこともあり、足りなくなったら中途半端に染まってしまいますので量の調整が難しいと言えるのです。

 

では、セルフの白髪染めで使用するのはどのようなタイプが良いのでしょうか?

 

それはトリートメントタイプの白髪染めです。

 

トリートメントタイプの白髪染めは使い切るタイプではありませんので残っても大丈夫ですし、必要な量だけ出して使用しますので量の調整が難しくありません。
それに、リタッチや生え際、分け目だけを染めたいときにもトリートメントタイプの白髪染めは量の調整がしやすいでしょう。

 

このようなことからも分かるように、セルフで白髪染めは量の調整が難しくなりますが、トリートメントタイプの白髪染めなら髪の毛の長さや白髪の量に関係なく調整が簡単になりますので、白髪染めを始める人はトリートメントタイプの白髪染めがおすすめできます。

 

市販の白髪染めでうまく染まらない人も多いようです。
その原因は・・・白髪染めで染まらない

 

長さ別適量

 

加齢とともにでてくる悩みの一つに白髪がありますが、実際の調査によると5歳以上老けて見えるという人が約7割以上もいたので、少しでも若く見られるために白髪染めは欠かせません。

 

白髪染めをセルフでするのは良いのですが、髪の毛の長さによって量が違ってきますので特に初めて白髪染めする人は難しいでしょう。

 

長さ別の適量とされているのが、肩下5センチくらいで白髪染め1個とされていますので、これより髪の毛が短い場合は余ってしまいますし、長い場合は足りなくなってしまいます。

 

また、長さだけではなく髪の毛の量によっても違ってきますので、量が多くて長い場合は白髪染めを2箱使用することもあるのです。

 

1箱でも費用が意外とかかるのに、2箱も使用して白髪染めが上手くできなかったら美容院に行って白髪染めするくらいの費用になってしまうかもしれません。

 

そうならないようにするにはトリートメントタイプの白髪染めを使用することです。

 

トリートメントタイプの白髪染めにすれば髪の毛の量や長さに合わせて手にとって使用することができるからです。

 

自分の髪の毛の長さや量に合わせて白髪染めをどれにすれば良いのか悩んでいる人は、最初からトリートメントタイプの白髪染めを使用して無駄や失敗しないようにすると良いでしょう。

 

 

長い髪はセルフでしっかり染めるのは難しい

 

長い髪の人は洗うのだけでも大変ですので白髪染めをセルフでする場合は嫌になってしまうでしょう。

 

更に長い髪はセルフでしっかり染めるのは難しいので困っているのではないでしょうか。

 

長い髪は白髪染めの量の調整が難しいですし、綺麗に染めにくいので失敗する可能性が高くなります。

 

だからといって髪の毛を短くするのが嫌という人もいるでしょう。

 

そうした人がセルフでしっかり染めるには、量の調整が簡単で少しずつ綺麗に染めていくことができるトリートメントタイプの白髪染めが良いでしょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めは長さに合わせられるだけでなく綺麗に染めることができますし、普通の白髪染めとは違って髪の毛を傷めることもありません。

 

ですので、長い髪の人はトリートメントタイプの白髪染めを試してみてください。

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!