セルフの白髪染めは本当に簡単なのか?

口コミNo.1白髪染めトリートメント

自分で白髪を染めるのは大変?それとも簡単?

白髪

 

白髪は年をとると誰でも生えてきますし、目立ってくると恥ずかしいので染める人は多くいます。

 

美容院に行って白髪を染める人もいますが、意外と費用がかかってしまいますので自分で染める人もいるでしょう。

 

自分で白髪を染めるのは美容院と比べてかなり安くなりますので経済的にも良いです。

 

しかし、自宅で白髪を染めるのは不安になることがあります。

 

では、自分で白髪を染めるのは大変なのでしょうか、それとも簡単なのでしょうか?

 

それは、最初は少し大変かもしれませんが、コツを掴めば簡単ですし綺麗に仕上げることができます。

 

最初は手順や染め方で戸惑う人がいますが、自分で染めていくうちにコツを掴んできますので安心してください。

 

また、市販されている白髪染めを購入して自分で染めるときに必要なものは色々とありますが、そのほとんどはセットになって付いていますので他に購入して買いそろえる必要はありません。

 

そして、自分で白髪を染めるときは生え際や白髪が目立つ部分から塗り、その後に分け目や前髪、サイドや耳の後ろなどを塗って、最後に毛先を塗ったら全体を確認して終了です。

 

髪の長さや量にもよりますが、白髪染めを塗るのにかかる時間は15分くらいです。

 

そこから放置してすすぎをし、シャンプーを2回してトリートメントやコンディショナーで仕上げれば終了となります。

 

この時のトリートメントは髪にとって重要なこととなりますので必ず行うようにしましょう。

 

このように自分で白髪を染めるのは簡単ですので、最近白髪が気になり始めた人や美容院は経済的に苦しくなってきたという人は試してみると良いでしょう。

 

 

メリット

 

自分で白髪を染めるのはメリットがあり、いつでも空いた時間にできることや経済的に優しいこと、美容院に行く時間や手間が省けることや安い商品がたくさんあることです。

 

仕事などで忙しい人は空いた時間を使って美容院に行くのは大変ですし予約を入れなくてはいけませんので手間もかかります。

 

それに、美容院に行くまでの時間が無駄ですし車などを使って行くので面倒ですが、自宅で白髪を染めるのは予約の手間や行く時間がありませんのでメリット言えるでしょう。

 

また、最近では安い商品がたくさんありますので経済的にも良くてメリットとなりますし、ドラッグストアやコンビニでも購入することができます。

 

買いに行くのが面倒だったり大変な場合はインターネットショッピングでも簡単に購入することができます。

 

それと、美容院での白髪染めは独特で強烈なニオイがしますし、髪を洗ってもニオイが残っていますので気になってしまいますが、市販の白髪染めはニオイが弱いものが多くありますし、中には無香料のものもありますのでニオイを気にする人にとって大きなメリットとなるでしょう。

 

このようなことからも分かるように、自分で白髪を染めるのは様々なメリットがありますので、美容院に行って染めるか自宅で染めるか迷っている人は、まず自宅で白髪を染めてみてはいかがでしょうか。

 

 

デメリット

 

白髪を染めることによって若く見えますので特に女性は染めたほうが良いですし、男性でも仕事などに影響することがありますので染めたほうが良いでしょう。

 

白髪を染めるといっても美容院に行って染めることもできますし、自宅で染めることもできますが、自宅で染めるほうがメリットがありますので良いです。

 

しかし、自宅で染める場合はメリットばかりではなくデメリットもあります。

 

そのデメリットとは準備や後片付けがあることです。

 

市販品を用意して白髪を染め、その後には片付けが必要となります。

 

とは言っても慣れてしまえば手際よく準備や後片付けができるようになりますので苦にならない人もいます。

 

また、市販品はたくさんありますが、あまり安すぎるものを購入すると髪や頭皮にダメージを与えるというデメリットが出てきます。

 

この他には慣れていないと手順がおかしくなってやり直さなければいけないことがありますし、白髪を染めている最中に来客があると対応するのが恥ずかしいということもデメリットとなります。

 

うっかりして洗面所に色をつけてしまうこともあるのがデメリットになるかもしれません。

 

 

白髪染めの色が洗面所についてしまった場合の対処法

 

白髪染めをしているときに色が洗面所についてしまうことがあります。

 

色がついてすぐ対応できれば固形石鹸で軽く擦るだけで落とすことができますが、白髪染めの途中で手が離さなくて後回しになってしまうこともあるでしょう。

 

そうなると色を落としにくくなりますが、そうなった場合でも様々な方法で対処することができます。

 

色が付いたところにメイク落としオイルを塗ってメラミンスポンジで軽く擦れば落ちます。

 

落ちないときはクレンジング剤や除光液をコットンに含ませて擦ったり抑えたりします。

 

それでも落ちないときはキッチンペーパーに塩素系漂白剤をつけ、それを色が付いた部分に30分くらい置いておきます。

 

もし洗面所に色が付いたら、こうした対処法を試してみてください。

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!