美容室とセルフ染め・・どちらがお得?

口コミNo.1白髪染めトリートメント

美容室とセルフの白髪染めにかかる料金の違い

最近は市販の白髪染めも美容室のものに負けないくらい質の良いものがたくさん発売され、セルフで簡単にしかもきれいに染められるように工夫されています。

 

そのため、わざわざ美容室に行って高いお金を払って染めなくても、自分で好きな色の白髪染めを購入して上手に染める人が増えています。

 

白髪染め

 

もちろん、美容室で染める場合はその薬剤の料金だけではなく技術料やサービス料なども含まれるので、セルフよりも高いのは当然ですよね?

 

ただ椅子に座って雑誌を読んでいるだけできれいに白髪が染まるのですから、セルフで染める自信がない人や面倒な人にとっては決して高いものではないのでしょう。

 

 

一般的な市販の白髪染めは500円から2000円程度が多く、美容室では倍以上の料金が必要です。

 

お金だけを比べるのであれば、セルフで白髪染めをする方がかなりお得です。しかし、セルフで染める場合は、安い白髪染めを使うことで髪が傷む心配があります。

 

白髪は1か月で1センチほど伸びると言われているので、頻繁に染めると髪がボロボロ・・なんてことにもなりかねません。

 

ですから、安いから飛びつくのではなく、髪を傷めにくい成分なのかを選ぶ基準にしなくてはなりません。

 

 

時間とお金・・総合的に考えるとどっちがお得?

 

美容室

 

白髪染めを美容室でやってもらうか、それともセルフか総合的に考えるとどちらがお得でしょうか?

 

この二つを比較する際は、お金だけではなく時間や手間なども含めなくてはなりません。

 

 

美容室では高いお金を払うのですから、染めてもらう側はただ座っているだけで良いのです。髪を洗ったり、染色剤を用意したり、タオルや櫛などの準備を手伝うなんてことはしませんよね?

 

もちろん染め終わったら面倒な後片付けだってすべて美容室のスタッフが行ってくれます。

 

しかし、美容室に行くためには時間を作らなくてはなりません。仕事をしている人や小さな子供がいる人にとって、その染めるために時間を作るのは簡単ではないのです。

 

セルフの場合は、すべて自分でやらなくてはなりません。
薬剤を購入し、使用する前のパッチテスト、前日のシャンプー、衣類が汚れないようにケープやタオルを巻き、床にも新聞紙を敷きます。
説明書通りに髪に塗っていきますが、最近はトリートメントや泡など簡単に染められるタイプもあるので、不器用な人はそちらがおすすめです。

 

セルフは手間はかかりますが、準備から染め上がりまで1時間程度で完了するので、自分の都合の良い時にできます。

 

薬剤の品質も良くなっているので、時間とお金の節約をしたい人にはセルフでの白髪染めの方がお得かもしれませんね!

 

 

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!