ヘアカラーを一人で染めるのは意外と難しかった!

口コミNo.1白髪染めトリートメント

ヘアカラータイプは一人では難しい

白髪染めを行う時、ヘアカラータイプのものでは塗るのが難しいかもしれません。

 

仕上がった時に色にムラがあってはいけませんので、できるだけ均等な量を素早く塗布していくことが大切になります。

 

しかし、後頭部などの見えにくい部分は、どうしても塗ることに時間がかかってしまうでしょう。

 

また、ヘアカラータイプの白髪染めでは、塗っている最中に液が垂れてきてしまう可能性もあります。

 

家の壁や床に付いてしまうとなかなか落とすことができませんし、肌に付着してしまうと、しばらくの間付着した部分が黒くなってしまいます。

 

髪の毛から液が垂れてこないようにするために、泡タイプの白髪染めも販売されています。

 

普通の白髪染めよりも液垂れを防ぐことはできるかもしれませんが、やはり見えにくい部分までムラなく染め上げるのは、一人では難しいでしょう。

 

ヘアカラータイプの白髪染めに挑戦するのが難しそうだという人におすすめなのが、白髪染めトリートメントです。

 

白髪染めトリートメントとは、毎日白髪染め専用のトリートメントを使用することで、少しずつ白髪を目立たなくしていくというものです。

 

お風呂でシャンプーを行う際に使用することもできるので、ヘアカラータイプの白髪染めのように肌に付着して取れなくなってしまうという心配はありません。

 

定期的に白髪染めを購入して染め直す手間も省けて良いですね。

 

 

白髪染めトリートメントなら単純作業の繰り返し

トリートメント

ヘアカラータイプの白髪染めを使用すると、液垂れや染め上がりのムラが心配だという人もいるでしょう。
慣れている人は良いですが、初めて白髪染めをする人にとっては、一人では難しいかもしれません。

 

白髪染めをした時に、髪の毛全体の色にムラができてしまうのは嫌ですよね。
しかし、後頭部などの見えにくい部分を染めるときには、どうしても時間がかかってしまいます。

 

時間のかかる部分を染めている間に他の部分の放置時間が長くなってしまい、染め上がりにムラができてしまうというのはよくあることです。

 

見えにくい部分から塗り始めたとしても、後頭部だけ色が明るくなってしまっては大変です。

 

見えにくい部分は心配になってついつい多めに塗布してしまいがちですので、染め上がりにムラができてしまうことは多いのです。

 

 

ヘアカラータイプの白髪染めを使用するのが難しそうだという人におすすめなのが、白髪染めトリートメントです。
白髪染めトリートメントは、お風呂で使用することができるので、肌や家の壁に付着しても問題ありません。

 

毎日使用することで、少しずつ白髪を目立たなくしていくことができるのです。

 

シャンプータイプのものもありますが、トリートメントのほうが髪の毛の傷みをケアしながら使用できるのでおすすめです。

 

普段のシャンプーを行った後にトリートメントするだけの単純作業で白髪を染めることができるので、ヘアカラーを使用したくないという人にはおすすめです。

 

ヘアカラーを使用するとどうしても気になってしまう髪の毛の傷みも、白髪染めトリートメントなら気にする必要が無いので安心ですね。

 

 

白髪染めトリートメントを使用する際には、塗布した後に10〜20分ほど放置しなければいけないことが多いです。
10分程度ならお風呂に浸かっているうちにあっという間に過ぎてしまうと思いますが、中には20分以上放置しなければいけないという製品もあります。
あまり長い時間をお風呂の中で過ごすのも大変かと思いますので、白髪染めトリートメントを購入する際には、放置時間がどれぐらい必要なのかということをしっかりと確認しましょう。

 

白髪染めトリートメントを使用した際の色の入り方ですが、ほとんどのトリートメントは2〜3回使用すると徐々に染まってきます。

 

1回でしっかりと染まるものもありますが、数回使用して少しずつ染まっていくというものが多いので、早く白髪を染めてしまいたいという人は商品のレビューを確認してから購入すると良いかもしれません。

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!