染めた後すぐに色落ちする原因

口コミNo.1白髪染めトリートメント

染めたばかりなのにすぐに白髪が目立ってしまう!その原因とは?

悩み

 

白髪が生えてきて目立つと年齢よりも老けて見られることがありますし、印象が悪くなることもありますので白髪染めしたくなります。

 

しかし、白髪を染める人の多くは髪が伸びてくると目立ってしまうので嫌になりますし、染めたばかりなのにすぐに白髪が目立ってしまって困る人もいるでしょう。

 

では、どうして染めたばかりなのにすぐに白髪が目立ってしまうのでしょうか?

 

それは、元々の髪色が黒っぽかったり茶色っぽかったりすることが大きく影響しています。

 

元々の髪の毛が黒ければ、それだけ白髪が目立ちますし、白色は膨張色となりますので同じくらいの太さの自毛と白髪では白髪の方が太く見えて目立ってしまうのです。

 

また、髪の毛は1本1本が微妙に色が違い、同じ量の色が入ったとしても髪の太さによって色が違ってきます。

 

それに、くせ毛は部位によって太さが違いますので色の入り方がかなり違ってきますので染めたばかりなのにすぐ目立ってしまうことがあります。

 

特に早く目立ってくるのは顔周りの生え際や髪の分け目です。

 

髪は1日で約0.3〜0.5ミリくらい伸びるとされていますので、早い人ですと白髪染めしてから1週間も経たないうちに目立ってしまいます。

 

また、分け目から左右に0.5ミリずつ伸びたら1センチも白髪が見えることになります。

 

 

セルフ染めを長持ちさせるコツ

 

自分で白髪染めをしている人は少しでも長持ちさせたいのではないでしょうか。

 

そうすれば染める手間が省けますし経済的にも楽になります。

 

では、セルフ染めを長持ちさせるコツはあるのでしょうか?

 

それは、白髪染めをした後のトリートメントがコツとなります。

 

市販されている白髪染めのヘアカラーは持続期間が約2か月〜3か月くらいあり、ヘアマニキュアの場合は約2〜3週間とされています。

 

ヘアマニキュアは髪に優しい分だけ持続期間がヘアカラーよりも短くなっていますが、トリートメントを上手く使用することによってヘアマニキュアでも長持ちさせることができるのです。

 

白髪を染める時は薬剤を塗ってキューティクルを開かせ、髪の毛の内部に色素を入れて染めます。

 

しかし、染めた後もキューティクルが開いたままの状態になっていますと、せっかく入れた色素が流れ出てきますし、タンパク質や水分も一緒に流れ出て髪にダメージを与えてしまいます。

 

そこで、染めた後にトリートメントすることによってキューティクルをしっかり閉じることができ、色を長持ちさせることは勿論のこと、髪に与えるダメージも減らすことができるのです。

 

また、染める前にトリートメントしておくのも良く、髪にタンパク質などを補給しておくことによってダメージを減らすことができますし、色素を抜けにくくすることもあるからです。

 

このようなトリートメントを使った方法でセルフ染めを長持ちさせることができますが、染めた後も毎日しっかりトリートメントすることで更に長持ちさせることができますので、トリートメントは続けて行うようにしましょう。

 

 

染まりにくい部分

 

自宅で白髪染めをしたことがある人は、上手く染められない部分があったのではないでしょうか?

 

また、では染まりにくい部分とはどこでしょうか?

 

それは、もみあげや根元、うなじや耳の後ろなどです。

 

特に自分で見にくい部分はしっかり薬剤がついているか確認しにくいです。

 

もみあげは短すぎると色が入れにくいですし、長さがあっても染料が浮いてしまうので染まりにくいです。

 

また、フェイスラインの生え際も染まりにくい場合があり、富士額の人は特に染めにくくなります。

 

このような染まりにくい部分があるのに対し、頭頂部などは染まりやすくなっています。

 

染まりにくい部分はテクニックだけではなく、白髪染めの量や温度、髪質などによっても違ってきますので、まずは色々方法を試して染めやすい方法を見つけると良いでしょう。

 

 

分け目の白髪がすぐに目立つ場合はまた染める?

 

白髪染めをすると気分もスッキリしますので楽しくなりますが、その楽しさや嬉しさなどは分け目がすぐに目立ってくることでなくなってしまうでしょう。

 

では、白髪染めしてすぐに分け目が目立ってきた時はまた染めれば良いのでしょうか?

 

それは、時間を空けてから染めるようにしましょう。

 

白髪染めしてすぐに染めると頭皮や髪にダメージを与えてしまい、白髪が気になるどころではなく薄毛の原因になってしまうこともあります。

 

白髪染めには頭皮や髪に強い刺激がある成分が含まれていますので、分け目がすぐに目立ってきたからといって染めるのはやめておきましょう。

 

また、時間を空けて白髪染めしたときもトリートメントは欠かさないでください。

 

トリートメントすることによって髪や頭皮へのダメージを減らすことができますし、染料をキューティクルに閉じ込めて色が入りやすくなるからです。

 

分け目がすぐに目立って悩んでいる人は、こうしたことに気を付けておきましょう。

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!