自分で白髪を染めると薄毛になる?

口コミNo.1白髪染めトリートメント

自分で白髪を染めると薄毛になる?

セルフカラーは薄毛になると聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

長い期間、頻繁にカラーやパーマを繰り返すことで、髪と頭皮がダメージを受けます。

 

特に毛根のダメージは深刻で、痩せてしまった毛根を復活させることは簡単ではありません。

 

 

白髪染めは一般的なヘアカラー同様、強い薬剤で髪の色を抜き、そこに色を入れます。

 

ですから、髪と頭皮にはとても負担なのです。。

 

特に白髪を隠したい場合は、一か月に一度のカラーでは足りず、月に二度三度と白髪染めをしている人がいるようです。

 

これは明らかに白髪染めのし過ぎで、このままでは薄毛になっても仕方がありません。

 

白髪染め 染めすぎ薄毛

 

確かに、頻繁に染めることで薄毛になる可能性がありますが、だからと言って白髪を自分で染めると薄毛になるとは言えません。

 

正しい選び方と使い方を守ることで、自分でもきれいに白髪を染めながら健康な髪をキープすることも可能なのです。

 

 

美容室で白髪を染めるときに使う薬剤と、セルフ用はそれほど違いがないと言われています。

 

しかし、美容室では一度白髪染めをすると、その後はリタッチを繰り返すのが普通で、全体染めを頻繁に行うことはありません。

 

ですから、伸びた来た白髪だけがきれいに染まり、髪全体のダメージを最小限に抑えることができるのです。

 

 

薄毛にならない白髪染め方法

 

セルフで白髪を染めることで薄毛になってしまうのは嫌ですよね?

 

薄毛にならないためには、白髪染めの質と放置時間、頻度に気を付けなくてはなりません。

 

 

質の悪い白髪染めを繰り返すことで、髪だけではなく頭皮もダメージを受けます。

 

肌が弱い人などは、頭皮がかぶれてしまい皮膚炎を発症したり、かさぶたと一緒に髪まで抜けてしまうこともあります。

 

ですから安い白髪染めはなるべく選ばず、信頼できるメーカーのものにしましょう。

 

 

また、放置時間はなるべく長めのものがおすすめです。

 

意外だと思われるかもしれませんが、放置時間が長いものの方が徐々に色が入るようになっており、髪と頭皮へのダメージが少ないのです。

 

 

白髪は、一か月に一センチ以上伸びます。

 

ですから、これを常に隠すためには月に一度は染め直す必要があります。

 

しかし、白髪染めは最低でも二、三か月は時間を空けなくてはなりません。

 

どうしても染めたい場合は、伸びてきた部分にヘアマニキュアを使うか、トリートメントタイプの白髪染めで目立たなくする方法があります。

 

 

これらのルールを守ることで、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑え、いつまでも健康な髪を保つことができるのです。

 

↓レフィーネ・自宅白髪染め人気No.1です!